@引越しは人生の縮図

一生の間で1度も引越しを経験しない人も多い筈です。例えば、地方の農家の一人娘が婿殿を迎えて家を継いだ場合や、都会の資産家が広い家に三世代同居している場合などです。また、先祖代々受け継がれた老舗を住居兼用で守っている人なども、一生の間で一回も引越しを経験しないかもしれません。しかし、それ以外の大部分の人は、一生の間で何度か引越しを経験します。例えば、大学入学で下宿して引越したり、結婚して引越したり、家やマンションを買って引越したり、転勤になって引越したり、親と同居するために引越したり、老人ホームに入るために引越したりします。この様に順調な人生を送った人の場合でも一生の間では5〜6回の引越しを経験している筈です。一方、波乱の人生を送った人の場合は引越しも多くなります。希望を持って新しい店舗を開店して店舗兼住宅に引越しましたが、店が潰れて引越すこともありますし、マンションを買って引越しましたがローンが払えずに已む無く引越す人も居る筈です。また、離婚して引越す人も多いでしょう。つまり、引越しにはその人の人生が掛かっており、希望に満ちた引越しもあれば番止むを得ず引越す場合もあるのです。その意味では引越しは人生の縮図とも言えます。従って、いずれにしても引越す場合には、十分な準備と調査が必要なことは言うまでもありません。

関連した情報

引っ越し単身パックの選び方・・・単身での引っ越しにお得情報!

管理人が最近気になるサイト

新着情報